11月10日(水) 11:00~12:30
南会議室A
11:00

12:30

第3回「陸上養殖勉強会」アクアポニックスセミナー

本セミナーは満席となりました。
  主        催:
「陸上養殖勉強会」アクアポニックス部会
  内        容:
近年、水産物の養殖は世界的に増加の一途をたどり、その量は漁獲量に追いつくところまで来ています。一方、魚類をはじめとする水産動物の養殖は生産物の数倍もの物質を天然水域に排出していることは事実であり、水産養殖による環境汚濁の防止は長年の課題となっています。また、様々な生産方式や形態といった水産養殖の多様性についても近年重要視されてきており、循環式養殖などの新たな技術が開発され、産業化に至っている事例も増えてきています。このような背景から、水産養殖による水質汚濁物質の排出防止や複合的な食料生産を目指し、循環式養殖から排出される物質を肥料として水耕栽培を行うアクアポニックスが注目されています。

大日本水産会が後援する「陸上養殖勉強会」の中にアクアポニックス部会を立ち上げ、セミナーを企画しました。まずは参加される皆さんに「アクアポニックスとは何か?」ということを知っていただき、今後の日本の食料生産と環境問題、また、食の教育にどのように貢献できるかということを一緒に模索したいと考えております。まずは小さな一歩から進めて参ります。興味のある方はぜひご参加ください。
  • 司会進行

    「陸上養殖勉強会」アクアポニックス部会
    部会長(東京海洋大学准教授)   遠藤 雅人 氏

  • アクアポニックス事業導入について

    (株)アクポニ
    代表取締役   濱田 健吾 氏

  • 乾燥地に適応した露地栽培結合型アクアポニックスの開発

    鳥取大学
    農学部   教授   山田 智 氏