第22回 ジャパンインターナショナルシーフードショー

国際水産養殖技術展

開催概要

国際水産養殖技術展

「国際水産養殖技術展」とは- 第3次養殖ブームの到来と云われる今、日本各地で海面・陸上養殖が活発になっています。「国際水産養殖技術展」では、海面・陸上養殖に於ける生産性の向上、生育環境の改善、付加価値の創出を可能とする様々な設備や技術を、漁業者、養殖業者、研究機関、そして新規参入者へ紹介し、養殖業界のさらなる発展に寄与します。

催 事 名
国際水産養殖技術展2020
会   期
2020年9月30日(水)~10月2日(金)
会   場
東京国際展示場 “東京ビッグサイト” 南展示棟
来 場 対 象
養殖業者、種苗業者、教育・研究機関、水産試験場、自治体・行政機関、水族館、熱帯・観賞魚業者、他
出 展 対 象
陸上養殖システム、海面養殖システム、水質管理・計測器、漁場・養殖場・海洋環境保全機器、養殖場汚泥分離装置、水槽、冷却装置、酸素供給・分散器、熱交換器、養殖管理コンピュータシステム(ITC)、飼料・栄養剤、漁網防汚剤・選定防汚塗料、漁網・生簀網、沖合養殖設備、給餌装置、藻類培養、バイオ装置、魚数計測器、自動選別システム、赤潮・海底ヘドロ対策、防触・防錆剤、水産医薬品、各種水族館関連施設、水中カメラ、漁船・関連機器、紫外線・オゾン殺菌装置、観賞魚用品、水産養殖向各種新素材、他
  • 資料請求はこちら
  • 出展申込はこちら

Endoser / Co-operated Organization

Media Partner

Topへ戻る